コンタクトレンズは正しく扱う!使用上のポイント

手を洗って清潔な状態で扱おう!

コンタクトレンズを触る際には必ず手を洗っておきましょうね!汚れた手で触ってしまうとコンタクトレンズを媒介して目に雑菌が付着してしまう恐れがあります。言うまでもなく眼病の原因になりますので、汚れた手で触ったりしないように注意しましょう。もちろん外出先で付け直すという時にも油断しない事が大切ですね!また、できれば洗浄液を持っておいた方が安心です。特にソフトですと水で洗う事はできませんので、いざという時の為にも携帯しておくと良いでしょう!

目に異常がある場合は使わない!

時にはものもらいなどに掛かってしまう事もあるものですが、そのような時にはコンタクトレンズを装用しない方が良いでしょう。無理に装用するとゴロゴロ感が出てしまいますし、また眼病の治りを悪くする事にもなります。また、症状が悪化してしまう可能性もありますので、眼の調子が悪いなと感じた時にはメガネで対処した方が良いでしょう。特に旅行などに行く際には目の調子が悪くなると困ってしまいますので、メガネの携帯は必須ですよ!

外す際にも必ず洗うようにしよう!

コンタクトレンズを外す際にもきちんと洗浄を行う事が大切ですね。1日装用したレンズには汚れが付着していますので、きちんと洗浄をしてリセットをしないと汚れが蓄積されてしまう事にもなりますよ。毎日のケアをきちんと行うようにしないとコンタクトレンズの寿命を短くする事にもなりますので注意しましょうね。因みにソフトの場合ですと使い捨てタイプがありますので、お手入れが面倒な時には使い捨てにするのも良いかもしれませんね!

コンタクトが初めてするという人もいると思いますが、メガネでは危ないスポーツをする時などにも便利です。